シーエスコンサルタント株式会社

1674" class="post-1674 post type-post status-publish format-standard has-post-thumbnail hentry category-blog"

2021/01/29 [Fri]

2021年

あけましておめでとうございます!
と言っても2021年が始まって既に1ケ月が経過しようとしていますね。
あっという間の月末です。

私共シーエスコンサルタントは昨年12月に移転し、
今年も従業員全員新型コロナウイルスに感染することなく、
元気に迎えることができました。
緊急事態宣言下ですので、せっかくの新オフィスですが密度は毎日低く、
リモートワークを取り入れて業務遂行中です。

良い1年になりますよう、邁進していきたいと思います。

昨年末、仕事納めの頃は1日の感染者が全国で3000人台でした。
ですからある程度の危機感はあるものの、
感染者の人口比や周囲の(感染者が身近に居ない)状況から考えて
「差し迫った緊迫感」という感覚は無かったように思います。

ところが年明けには7000人台にも一気に増えて、
いよいよ他人事ではない感じ。

そして今月末。
また徐々に切迫感は薄くなってきてしまった感じがします。
これを「コロナ慣れ」と言うのでしょうか。
ずっと緊張しっぱなしでいるのもなかなか難しいです。

気持ちは、緩み→緊張→緩み→緊張の繰り返し。
出来ること(手洗い消毒マスク、マスクを外して話さない)をちゃんと続けることだけですね。

「人間は突発的な悲劇には敏感だが慢性的な悲劇にが鈍感」
なのだと聞きました。
例えば貧困であれば、慢性的にずっと貧しい人より、
突然貧困に陥ってしまった人に対して、より同情が集まり、
「何とかして救わなければ」という意識が働くものなのだそうです。
災害に遭って直ぐは寄付やボランティアも集まりやすいですが、
継続的には続かないことも多いのだとか。

「慢性」や「慣れ」というのが人間の感覚を鈍化させるのだとしたら
鈍くなってるかもしれないという事を頭の片隅に置いておいて、
「コロナ慣れ」にならないように意識する、とか
仕事も慣れた時こそ注意深く、とか
色んなことを考えながら背筋を伸ばして仕事をしていきたいです。

本年もよろしくお願いいたします!

お問い合せフォーム
info@cs-con.co.jp